Background Image

自分の癖を知ることで心の歪みを改善。プラス思考トレーニングで自分の心に良い癖をつけていこう。

自分の癖を知ることで心の歪みを改善。プラス思考トレーニングで自分の心に良い癖をつけていこう。

プラス思考トレーニングを開始して、3カ月目に入りました。
毎日トレーニングを行っているわけではありませんが、マイナス思考になってきているなと感じる時は
やろう!と無意識で行動をすることが増えてきました。
プラス思考トレーニングを始める前と比べたら、マイナス思考にのまれて自分を見失っている状態というのが
少なくなってきています。少しずつでも、プラス思考というものが自分の潜在意識の中に取り込まれていっているようです。
何をやっても楽しくない、何をするにも面倒くさい、仕事ばかりでうんざりだ、などのマイナスな言葉ばかりが自分の心の中に蓄積している状態で、否定的な考えしか出てこなかった頃と比べると、今は随分とプラスに考えることができるようになってきました。
何かを指摘されたら腹が立つということが多かったのですが、指摘されたことを受け入れられるようになってきました。指摘されたことを受け入れて治すことが自分の成長にも繋がることだと考えられるようになってきたからです。解釈の仕方が変わってきたのだと思います。

話は変わりますが、良い癖も悪い癖も無意識で行っていることなので、自分の癖は自分ではなかなか知ることができないと思います。
私には、会話をする時に相手の気持ちを先読みしてしまう癖があります。
相手の話が終わらないうちに無意識で返答を考えて、相手が話し終わると同時に返答をしていました。
これは、無意識で行っていた癖で、相手の話を先読みすること=相手の気持ちが分かるという勘違いを起こしていたので、相手に違和感や不快感を与えていることに気づいていませんでした。
長年、一緒にいる家族に指摘されたことで初めて自分の悪い癖を一つ知りました。
相手の話を先読みして、勝手に気持ちを決めつけるということを何度も癖になるまで繰り返した結果です。
会話をする時に自分の行動を振り返って考えながらノートに書いているうちに、話の先読みをして、どんな返答をするかを頭の中で考えていることが分かりました。
「話の先読みをして相手の気持ちを決めつける」ということは、相手の話を先読みすること=相手の気持ちが分かるという私の歪んだ考えからくるものでした。

癖になるまで何度も繰り返したことは、逆の癖を何度も繰り返しつけることで改善されていきます。
自分で知らない癖を知ることで、心の歪みが改善されれば、それだけ自分の人生が幸せなほうへと傾いていきやすくなります。
自分の癖を知るためには、日ごろの行動を動画で撮って自分の行動を振り返ってみるといいと思います。
自分では気がつかなかった意外な行動があるかもしれません。
プラス思考トレーニングで繰り返し自分の潜在意識の中にプラスなイメージや言葉を蓄積させていくと、良い癖がつきやすくなります。
プラスな感情で実際の行動に起こすことを繰り返すことで、時間はかかってもプラス思考になっていくことができます。
プラス思考トレーニングのなかで、プラトレメールという携帯に数時間おきにメールが届くサービスがありますが、プラトレメールを読むと、よし!やるぞ!というプラスな気持ちが湧いてきます。短い文章の中に自分にとって必要な言葉が凝縮されている気がします。
プラス思考トレーニングを続けながら、自分でも知らなかった悪い癖を捨てて、周りにプラスな影響を与えられるように成長していきたいと思います。
時間はかかっても、必ず実現して、自分の人生を取り戻していきます。

「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)